仮想通貨取引所でのステーブルコイン保有量、史上最高を記録

仮想通貨市場での強気の値動きをする中、テザー(USDT)のようなステーブルコインが取引所に殺到しているようだ。

仮想通貨市場データプロバイダーのCryptoQuantによると、仮想通貨取引所でのステーブルコインの保有量は1月28日に過去最高を更新し、47億ドルを超えた。

CoinGeckoのデータによると、ステーブルコインの時価総額は352億ドルと推定されている。ステーブルコインの取引高は1110億ドルと推定しており、そのうちテザーの取引高は1030億ドルとなっている。

仮想通貨取引所でのステーブルコインの保有量が史上最高を記録するのに加えて、取引所に流入するステーブルコインのトランザクションも増加しているようだ。

ステーブルコインの大量の流入は、ビットコインの短期的な触媒とみなされることが多く、ビットコインに資金が戻ろうとしていると考えられている。具体的には、テザーのような米ドルペッグのステーブルコインは、トレーダーが仮想通貨取引所に預金するために有用なツールとなっており、数百万ドル相当のビットコインを簡単に取引できるようになっている。そのため、取引所でのステーブルコインの増加は、購買力の増加となる可能性がある。

実際、2020年10月のビットコイン上昇は、取引所へのsテーブルコイン流入が増加することによってであった。

この記事へのコメント