ビットコイン、壁を乗り越え121万円達成【仮想通貨相場】








昨日(10/15)のBTCJPY相場は上昇となった。

追加経済政策の選挙前合意期待の後退から、日本市場時間は、株安・ドル高の展開になったが、BTCJPYは120万円前後で揉み合い推移した。相場が動き始めたのは2日目のSWELL開催と同時刻の日本時間午後4時頃。14日と同様に特段サプライズ材料が無く失望売りが先行した。また、欧州での新型コロナウイルス拡大を受けた規制再強化の動きや、同日始まったEU首脳会議への警戒感から、経済活動の停滞が連想されたことで、欧州通貨と株式だけでなく、BTCJPYも軟調な展開となった。FTA交渉の継続が容認されたことで午後6時に下げ止まるが、NY時間まで上値重く推移した。

日本時間午後9時半には、フィラデルフィア連銀製造業指数と米新規失業保険申請件数が発表された。10月のフィラデルフィア連銀製造業指数は32.3(予想14.8、前回15.0)と2月以来の高水準で予想を上回り、景気の改善の兆しが見えたかに思われたが、先週の米新規失業保険申請件数は先週比5.3万件増の89.8万件(予想82.5万件、前回84.5万件)となり、8月以来の高水準となった。景気の悪化が懸念され、ダウ平均株価とナスダック総合指数は共に下落した。一方で、ゴールドが急反発するとBTCJPYもこれに反応し、120万円まで上昇した。日本時間午前2時に入り、米国株式のリスク回避ムードが一服するなか、ゴールドは続伸し、BTCJPYも本日の高値となる122.2万円まで上値を伸ばした。

10/15営業日の全暗号資産終値の前日比は上記グラフの通り。

平均値は-0.02%、中央値は-0.52%、標準偏差は1.28%。

最大上昇銘柄はBCHJPYの+3.01%。最大下落銘柄はXEMJPYの-1.76%。

最大上昇銘柄であるBCHJPYは先週から下げ渋り、9営業日連続で陽線を出している。13日に、9/15の高値を抜けるとさらに上昇を加速させ、その後も目立った調整なく堅調に推移している。最大下落銘柄のXEMJPYは13日に反落すると、その後も大きな反発なく3営業日連続で陰線をつけた。

10/15営業日の全暗号資産の24時間ボラティリティは、平均値は3.26%、中央値は2.94%、標準偏差は0.71%となった。

最もボラティリティが高かった銘柄はXEMJPYで4.60%。一方、最もボラティリティの低かった銘柄はETCJPYで2.37%であった。

10/8の三角保ち合い上抜け以降、10/10に9/3以来となる120万円回復を果たしたBTCJPYだったが、10/13の123万円到達後は、すぐに売りに押され、現在まで高値を切り下げる厳しい展開が続いていた。

チャートを1時間足で確認してみると、10/13以降は弱気を表す下向きの三角保ち合いを形成しており、10/14に一度目の上抜けに失敗後、執筆現在二度目の上抜けに挑戦し、達成したことが読み取れる。

上抜け直前の10/16の午前1時の足では、1万円程度の大きめの上ひげが発生しており、今回の上抜けはやや厳しいだろうと思われたが、直後の2時の足で一気に121万円付近まで値を戻し、4時の足で121万円を上抜けることに成功した。

今後の値動きのサインとして、三角保ち合い中は119万円を底辺として上下とも2万円ごとにサポートとレジスタンスがあり、121万円を達成した今、意識したいラインは123万円だ。そこを超えれば、9/2の下落時の高値1,277,157を目指す動きになっていく可能性が高い。

この記事へのコメント