LINEの海外取引所BITFRONTが新サービス展開、仮想通貨の預入で金利提供









LINEが海外で展開している仮想通貨(暗号資産)取引所BITFRONTは、ブロックチェーン基盤のレンディングプラットフォームであるセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、仮想通貨を預けることで利息を獲得できるサービスを開始する。9月17日にLINEが発表した。

LINEは今回の提携は「暗号資産の利用を拡大し、従来の金融障壁を克服する取り組みを強化する」ものだと述べている。

「暗号資産の保有を通じて利益を得る安全で便利な金融サービスを提供することにより、暗号資産の利用を拡大し、従来の金融障壁を克服する取り組みを強化する」

BITFRONTのユーザーは、ウェブサイトから「Earn Interest」(利息を獲得する)タブからサインアップして、サービスを受けることができる。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、テザー(USDT)で預け入れることができ、年間最大12%の利息を受け取ることができる。金利を受け取る手段としては、預け入れた各仮想通貨のほか、LINEの独自仮想通貨リンク(LN)で受け取ることもできる(LN受け取りの方が金利が高く設定されている)。

このサービスでは最低入金額の制限はなく、預金はいつでも引き出すことができる。金利については市場の状況に応じて、毎週変更されることになる。金利は毎週月曜にユーザーに支払われる。

BITFRONTでは、今回のBTCやETH、BCH、USDTのほか、リンク(LN)やライトコイン(LTC)でも同様のサービスを提供することを計画しているという。

LINEは日本以外の海外を対象とした取引所としてBITFRONTを展開し、日本国内についてはBITMAXという取引所を展開している。

この記事へのコメント