キルギス中銀、SWIFTのクロスボーダー取引を一時停止

キルギスの中央銀行は、同国で争議中の議会選挙をめぐる不安が広がる中、国際銀行間通信協会(SWIFT)上でのクロスボーダー取引を無効化した。 キルギス共和国国立銀行のアイダ・カラバエバ代表は、10月7日の声明で、キルギスにおけるSWIFTの一時的な停止を発表した。 カラバエワ氏によると、同行はキルギスからの資本流出を防ぎ、資産の安全性を確保するため、SW…

続きを読む